会社設立・許認可手続きのことなら、札幌市中央区の行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌にお任せください。

開業2007年 北海道経済を再生させ、日本経済活性化に貢献できる行政書士法人も目指します!

【札幌】会社設立・許認可手続きサポートセンター

presented by 行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌

〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目11-1 ノーザンヒルズ大通東9階 

地下鉄東西線バスセンター前駅4番出口 徒歩3分・大通駅26番出口 徒歩5分 

お電話でのお問合せはこちら
011-600-2693
受付時間
10:00~18:00(18時以降対応可)
定休日
土曜・日曜・祝日
メール
info@crimson-sapporo.com

お問合せは24時間お気軽に!

酒類販売業免許(酒販業)登録

【札幌】酒類販売業免許登録申請サポート

行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌では、 酒類販売業免許に関する申請・届出の代行業務や相談業務を承っております。

酒類の販売業を行うためには、酒税法に基づき原則として、販売場の所在地を所轄する税務署長の販売業免許を受ける必要があります。

酒類販売業免許は、販売する店舗ごとに免許が必要なため、例えば複数の店舗を展開するフランチャイズのお店などであれば、お酒を販売する店舗ごとに酒類販売業免許を取得する必要があります。

  • ネットショップでお酒を販売するには税務署で「通信販売酒類小売業免許」を取得する
  • ネットショップで販売できる国内産のお酒には制限がある
  • 通信販売酒類小売業免許を取得した後も、表示基準の遵守など守るべきルールがある

また、酒類販売業免許(酒販業)は、販売先・販売形態によって、一般酒類小売業免許、通信販売酒類小売業免許、酒類卸売業免許などに分かれており、自分達が行う販売のやり方・自分達の対象顧客にあわせた免許を取得しなければなりません。

その他お祭りやイベント、博覧会場等で臨時の売場を設けて酒類の販売を行う場合には、期限付きの酒類小売業免許を取得する必要があります。

この期限付酒類小売業免許は、すでに酒類販売業免許または酒類製造免許を取得している者が対象となる免許ですので、これらの免許を有していない者が単発のイベント会場等においてお酒を販売することは出来ません。

酒類を製造しようとする者は、酒類の品目別、製造場ごとに、その製造場の所在地の所轄税務署長の酒類製造免許を受ける必要があります。

しかし、酒類販売の免許を取得するためには、免許取得に必要な要件と必要書類を準備しなければならず、時間と手間がかかります。

 

  • 一般酒類小売業免許
  • 通信販売酒類小売業免許
  • 酒類卸売業免許申請
  • 期限付きの酒類小売業免許
  • 酒類製造免許 など

行政書士法人クリムゾンパートナーズ札幌では、酒類販売業免許に関する免許取得・届出等の許可手続を専門に行っておりますので、酒類販売業免許売に関する免許を取得したい方は、ご相談下さい

酒類販売免許申請のことでお悩みの方

  • 店舗をかまえて、お酒を販売する際にどうしたらよいのかわからない
  • ホームページで通信販売でお酒を販売するにはどうしたらよいのかわからない
  • 洋酒、輸出入酒を卸売り販売するにはどうしたらいいのかわからない

当社の酒類販売免許申請手続きサービスの主な流れ 
許可取得まで2~3か月程度

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご相談を受け付けております。

電話またはお問い合わせフォーム(もしくはメール)からご相談の日時をご指定いただきます。

ご不明な点などはお気軽にご相談ください。

無料相談

お客さまとの対話を重視しています。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。面会時に、どうしたら許認可を取得できるか、その他どのくらいの費用と時間がかかるかなどもご説明もさせていただきます。

  • お客様の行いたい販売方法等をお聞きし、どの免許が必要なのかを確認する、取得したい免許要件がクリアできるかについて、お客様の状況をヒアリングさせていただき、調査致します。

ご契約

弊社はフォロー体制も充実しております。

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

許可申請準備

要件や販売場等の事前調査を行い、申請書追一式書類を作成します。

許可申請

書類一式完成後、管轄税務署に提出いたします。

無料相談

免許が付与されることとなった場合は、販売場1場につき3万円の登録免許税を納付し、免許が付与されます。

詳しくはこちらをクリック

酒類販売業免許申請 料金表(税込)<2022年10月4日改定>

サービス名

報酬額 各種申請手数料等 総額
一般酒類小売業免許申請 132,000

30,000

162,000
通信販売酒類小売業免許申請 132,000 30,000 162,000
通信販売+一般酒類小売業免許申請 154,000 30,000 184,000
輸出入酒類卸売業免許申請(輸出に限る) 132,000 90,000 222,000
輸出入酒類卸売業免許申請(輸入に限る) 154,000 90,000 244,000
輸出入+小売業免許申請 198,000 120,000 318,000
酒類販売業免許の移転許可申請 88,000 30,000 113,000
酒類販売業免許の条件緩和申請 55,000 60,000 115,000
酒類卸売業免許申請 165,000 90,000 255,000
期限付酒類小売業免許申請 44,000   44,000
期限付酒類小売業免許届出 33,000   33,000

酒類製造免許

440,000 150,000 590,000

自己商標酒類卸売業免許

198,000 90,000 288,000

案件によりましては上記の報酬以外に手数料等を発生する場合がございます。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

会社設立+酒類販売業免許申請プラン 料金表(ネット限定)

法人設立と同時に各種許認可代行サービスを同時にお申し込みされた場合の料金です。

この場合には、総額から10%割引いたします。 <2020年6月3日改定>

株式会社設立
+一般酒類小売業免許
180,000円(税別)
割引後 162,000円(税別)
合同会社設立
+一般酒類小売業免許
170,000円(税別)
割引後 153,000円(税別)

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お申し込みフォーム(酒類販売業免許

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

(例:やまだたろう)

必須

(例:株式会社北海道)

(例:ほっかいどう)

(例:000-0000)

必須

(例:東京都千代田区大手町1-1-1)

必須

(例:03-0000-0000)

(例:03-0000-0000)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:info@crimson-sapporo.com

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

011-600-2693

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

ご連絡先はこちら

行政書士法人
クリムゾンパートナーズ札幌

お電話でのお問合せはこちら

011-600-2693
住所

〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目11-1
ノーザンヒルズ大通東9階 

会社設立,建設業許可,許認可手続き,障害福祉,旅館業許可,産廃許可,民泊届出,古物商許可